2010年3月 3日 (水)

ありがとう。だけど。

 きっと、とても冷たかった

 汗ばんだ首筋に手を当てても分かった

 その冷たい中身

 

 頭の中がごっちゃになってる

 前の君と

 今の君が咬み合わなくて

 すごく悲しくなるの

 

 私の頭を触って笑ってくれた君

 

笑い返したら照れくさそうにそっぽを向いた君

特別であることを認めてくれていた君

その全部が、今は過去で

どうして?って聞きたくなったの

 分かりきった事を聞くのは、嫌いなのに

 ずっと離れない

 覆い隠すものの無かった君の笑顔が、離れない

 私も君に、笑いたいのに

 

 傍に寄ると遠のく君

 

 もう私を見ない君

 

 私を拒絶した君

 

 その全部が、今は現実で

 目に映すと、涙が出る気がして

 でも、君がいないと不安だから

 

 私は君に嘘を吐くよ

 

「おはよう」も

「ありがとう」も

「ごめんね」も

「また明日」も

 

 全部の笑顔が作り物

 最低な心で笑う私の顔は、君にはどう見えているかな

 

 横たわった後に流れた涙が、耳に流れたら

 どうして?

 って、言っちゃった

 

 君に、聞いてもいいのかな

 私の冷たかった中身に

 一時の温もりをくれた君なのに

 

 傷つけてしまう気がして

 

 そうするとまた、君が私を拒絶する気がして

 

 

 私は、どうすればよかったかな?

 君は、どうして欲しかったのかな?

 どうしたら、少しでも長い間君と一緒にいられたのかな?

 どうして、一緒にはいれなくなったのかな?

 君はあの時、私に嘘を吐いたのかな?

 私は君を信じてよかったんだよね?

 どうしてあの時全部言わなかったのかな?

 言ってくれなかったのかな?

 どうして

 どうして

 どうして

 どうして

 どうして

 

 どうして?

 

 君は、優しいから

 私にも優しくしてくれたのかな

 だって、嬉しかった

 苦しいのは、少しの間だと思っていたから

 君が、思わせてくれたから

 

 だから、苦しかった

 君の優しさが、あまりにも優しすぎると知って

 苦しいのが、ずっとだと分かったから

 今までよりも長く、重く苦しいものだったから

 

 全部言いたいけれど

 全部聞きたいけれど

 怖いよ

 

 ありがとう

 も、言いたいのに

 本心で、伝えたいのに

 

 特別な関係をありがとう

 初めての温もりをありがとう

 大事な時間をありがとう

 愛しい時間をありがとう

 

 

 

 

 なのに

| | コメント (47) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

[過去と未来とこの先ちょっと]

  十月二日

 私の二度目の恋が終わった

 

 

 否、終わらせた、のかな

 

 

 大好きなだけだったあの子に

 よけいなもの、求めすぎたのかもしれない

 

 でも全部私が悪いから

 ごめんなさいね?

 

 全部私が悪いけど

 きっと、たくさん勝手なコト、するだろうから

 

 ごめんなさい

 つらいから

 つらいから

 

 

 だからもう毎日電話もしない

 どうせ鬱陶しいだけだったもの

 

 もうペアのネックレスも作らない

 どうせあの子は忘れているもの

 

 もう必要以上にあったりしない

 また変な期待してつらくなるもの

 

 

 親友に、戻りましょう?

 

 あの子はきっとそう言いたかった

 

 私、あの子の望む人になりたかった

 だから、がんばるの

 

 だから、終わらせたの

 

 私が諦めずにいると

 親友になんて、ずっと戻れないから

 

 諦めることにしたの

 だってどうせずっと好きだから

 どうにかしたってしなくたって一緒だわ

 

 

 さよなら

 さよなら

 ごめんなさい

 さよなら

 さよなら

 

 

 過去と

未来と

この先ちょっと

私の最愛になった人

***************** 鈴猫コメント *****************

はいっ。ネタ被りっ。もう常習犯と確信犯ですね。
そして知っての通り実話ですよー。終わりましたぁ。
やっぱり私って恋愛体質なんですねー、母に言われました。
常に誰かを好きでいないと駄目な人なんですよね~。
じゃぁね~
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本当に大好きだよ]

 ねえ

 ねえ

 お願いよ

 

 これ以上遠くへ行かないで

 

 大事だって分かってる

 大好きだって理解してる

 いなくなったら、壊れてしまう

 

 

 もう「いなくなって初めて気づく」恐怖なんて

 

そんな馬鹿らしいこと

 もう二度としたくないの

 

 ねえ

お願い

 怖いのよ

 

 触れられないほど

 話せないほど

 

 これ以上の、遠くへ

 

 今だって十分遠いの

 私の声なんて届かないんだもの

 

 行ってしまう

 行ってしまうわ

 

 そこに貴方の幸せがあるから

 行ってしまう

 

 どうして私は

 貴方の幸せになれないんだろう

 どうして?

 

 いくら堪えても止まらないの

 泣きたい時に、泣けないくせに

 堪えたい時、堪えられない

 

 泣きながら優しい声出すなんて

 もうこれ以上続けたくないの

 

 だって

 

 

 大好きだよ

 って

 

 泣きながら言う言葉じゃないじゃない

 

 

 本当に

 って

 

 嘘で言う言葉じゃないじゃない

 

 ごめんね

 ごめんね

 私が悪いの分かってるの

 

 だからね

 何も言わないのよ

 

 幸せなトコロへ行ってらっしゃい

 

 いつだって会いに行くわ

 いつだって待っているわ

 

 今度こそ

 

 嘘じゃなくって

 本当に

 って

 言うために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

よっ、ネタ被りっ。
あれ?ネタ被り?意味あってんのかな。
それはさておき更新です。よろしくお願いしまう。
 
そしてこの詩を載せるその日のうちにまた同じネタの詩を載せるっていうね(笑)
では、少々お待ち下さいませ。
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

[かなすず]

 諦めてしまおうか

 嘘だけど

 そんなことできる訳ないけど

 

 でもだって

 そうじゃなきゃ

 

 

 つらすぎると思わない?

 

 

 

 ああもう愛されることなんてないんだなぁって

 実らないんだなぁ一生無理なんだなぁって思わないと

 

 期待したまま

 でも怖いから何もできないまま

 応えてもらえないまま

 待ち続けて見てるだけ

 なんて

 

 自分の気持ちすら分からなくなってくるじゃない

 

 恋なの?愛なの?友情なの?友情以上愛情未満?なんか違うけど

 だって私には

 

 愛着と執着の違いなんて見出せない

 

 分かるのは

 

 貴方に依存してるコトだけで

 それだけで精一杯

 きゃぱしてぃは限界です

 

 でも私知ってるわ

 脳内きゃぱの最後の一部屋

 

 痛々しいねーむぷれいとは『かなすず』

 私がいつだって残しておく予備室

 これが残ってる

 

 だからどんなに待たせたって

 貴方の部屋はここにあるの

 

 私はきっと囁くのよね

 好きよ好きよ誰よりもって

 さでぃすてぃっくな視線の先に

 大好きなもの見出せるから

 

 

一度入ってしまえば

 どうしようもなく束縛してしまうけれど

 そんな愛し方しか出来ないわ

 

 

 

 ごめんねやっぱり

 

 

 

 

 諦めるなんて

 嘘なんだわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

は~い書いたよ~
あ~でもまたネタ被ったね~もういっかなぁ~
悪い癖なんだよね~詩に感情込めちゃうの。でも大抵の人ってそうだよね?ね?;
これも普通の人が呼んでも意味わかんないし・・・w
多分これの意味分かるの2人~3人くらいしかいないよ(・_・)
でもまあそれくらいの方が嬉しいかな今は。
まあブログなんだし、いいよね。うん。いい、いい。
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

[あーあ、弱虫だ。]

 知ってた?

 

 知らなかった

 

 ホントに知らなかった?

 

 うん

 

 ちがくない?

 

 ううん知らなかった

 

 見てなかった

 

 見てたでも知らなかった

 

 嘘つき

 

 それでいい。知らなかった

 

 想像するのが怖かった

 

 違う知らなかった

 

 臆病者

 

 そうだよ知らなかった

 

 それを望んでたくせに

 今更落ち込んで

 

 違う

 拒んでた

 

 きれいなコトだけ綴っていたね

 

 そうじゃないと傷つけるもの

 

「傷つけてでも」と言ったくせに?

 

 もう、忘れた

 

 嫌われるのが怖い?

 

 うん

 

 いらないって思われるのが怖い?

 

 うん

 

 邪魔だと思われるのが怖い?

 

 多分死ぬ

 

 嘘。死ねないくせに

 変な期待ずっと持ってるから

 

 嫌だ

 

 前だってそうだった

 

 黙って

 

 期待だけして何もしない

 

 お願い

 

「認められたい」と言ったくせに

 

 黙って

 

 今度は自分で嘘まで吐いて

 

 もう嫌

 

 気に入られようとしたくせに

 

 お願いだから黙って

 

 自分だけが愛してると思いたかったんでしょう?

 

 違う

 

 壊れるのだけ見守って

 縋ったら嘘で慰めて

 中途半端な自分を出して

 まるで全部が自分のように

 綺麗なふりして

 嘘だらけのくせに

 

 もう

 

 それで認められたつもり?

 

 死んでよ

 

 死ねないくせに

 死なないくせに

 

 悪いの?

 

 ほんと馬鹿みたいだよ

 

 じゃあどうすればいいの

 臆病で嘘つきで矛盾だらけで綺麗でいたくて中途半端ででも認められたくて

 だってどうしたって手に入らないんだもん

 思いたいこと思う意外に何したらいいの

 抱きしめたり

 傷つけてでも本当のこと言う勇気もないの

 だって

 

 ほーら

 

 あの子私のこと好きでも

 

 やっと

 

 愛してないんだもん

 

 ほんとのほんとが見えてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

あ~なんか同じようなネタが続いてるね~意識はしてるんだけどね~ごめんね~
だって他の書く気になれないんだよ~書けないんだよ~すまんね~
まあ特に他に言いたいこともないから終わるね。
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

[連日連夜]

 不実なの

 もう二度と、戻らないの

 

 みんなきっと、どこかへ行ってしまったから

 

 わたし一人になったから

 ここからはわたしの自由な時間

 

 だからやりたいコトをしたの

 全部をごっちゃに出来ること

 

 わたしの、欲しいもの

 

 

 そこはかとない絶望と

 わたしの生み出す小さな痛みと

 それらを取り巻くすべてのモノたち

 

 苦痛も迷いも猫の目も血の色も暗闇も刃の錆びも快感も後悔も欲望も

 ぜんぶ

 繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し

 幾度も何度も止め処なく

 

強弱つけて波打って

この上なく悲しくなる

いけないの駄目なの罪なの不可なの混沌なの

でも他人にそんなこと言わせない

ぜんぶぜんぶわたしの中

ぜんぶ分かってるんだもんやっていいの

わかってるから分かってるから判ってるから解ってるから

でも別ってない

みんなみんなごっちゃごちゃ

ひとつだけ

どうしたって

混ぜられない

あなたと

わたしが

ちがうこと

もう何も映らない刃は

もう何の絶望も見出せない

結局痛みだけじゃだめなのね

泣きたいけど泣けないわ

涙腺がゆうこと聞かないの

泣け、泣け。泣け泣け泣け泣け

やっぱ無理

だから出るまで水を飲む

どうしたって嘘だけど

だってそんなに躍起になって

泣くほどのことじゃないんだもの

あなたにだってそうでしょう?

わたしなんてとってもちっぽけ

だぁってぜんぜん振り向かないもの

ずっと前見てるの

でもわたし後ろでいいわ

前を歩くの嫌いなの

あなたの後ろで本望よ

ぜったいぜったい・・・・

なんだろう

つづきが思いつかないや

だからいい

もういいわ

雲もなんとなく空覆ってるから

わたしもなんとなく傷ついて傷つけてみるの

でもとっても汚れて見えるから

わたしぜんぶ嫌いだわ

ひっきりなしに叫んでみたら

頭が揺れて少し濁った

だから羅列された言葉を読み上げるのはもうおしまい

しおりもあるのか知らないけれど

だってそうでしょ?

もう前なんて見えないわ

あなたの背中も見えないわ

わたし一人しゃがみこむ

おいてけぼりなんて思わない

勝手に立ち止まって泣いてるんだもの

現実が浮上する前に

堕ちて堕ちて堕落しよう

そしたらきっと

いつかだれかが

わたしのまえに

たってくれるから

自傷に酔って

同情を乞うの

被害だけ撒き散らして

 

あなたの心が好き

体が好き

言葉が好き

めんどくさいからぜんぶ好き

ね?ほらやっぱり

わたしだいきらい

あなただいすき

***************** 鈴猫コメント *****************

なんとかかんとか仕上げました。
なんか変なのだけど。
 
まぁようは私に好かれると面倒くさいよぉって詩です。
この面倒くさい自体に巻き込まれてる人物約一名身近におりますけどね。
多分読まれたらなんか言われるわ。どうしようと嘘にしたいけど。
じゃあね。(←なんか最近とんと敬語を使わねえなお前)
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

[なみだいろしたくろーばー]

 人って、すごく無様だと思う

 

 赤い空の下、人知れずクローバーをむしる君を見て

 無意識にそう言った

 

 涙と鼻水でぐしゃぐしゃの顔を歪ませて

 君はさも楽しそうに笑ったね

 

 ホント、そうだね

 

 誰かを、嫌いになること

 誰かを、好きになること

 誰かの好きな人を、好きになること

 

 どれも決して否定出来ることじゃなくて

 君はそれらを、人一倍強く抱きしめただけなんだ

 

 

 どうして、好きに、なった思う?

 

 

 ただ、少し気になって

 もう、話しかける言葉が少なくて

 

 そんなこと、分かったら、泣いてない

 

 そう、知ってて、僕は聞いたよ

 それで君が、もっと涙を流すこと、知ってて

 

 分からないから、不安になって

 分からないから、諦められなくて

 分からないから、掴もうとするんだ

 

 僕はなんどもそれを知ったけど

 やっぱり、分からないんだもの

 君にも、分かるはずがないんだから

 

 僕は、意地悪、なのかな

 

 

 好き、

 

 

 止められなくて、そう言ったけど

 やっぱり、はっきりしなくて

 

 

 かも。

 

 

 目も見てられなくて

 なのに

 触れたくて

 

 土だらけの君の爪

 大事そうに握ってみた

 結構真面目にやってみたけど

 やっぱり、笑われた

 

 なにそれ

 

 

 分かったら、泣いてない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

お久しぶりの投稿です。
友人に「お前ブログ更新しろよー」といわれて、今年の7月に書いた詩をアップしてみましたです。
我ながら結構好きかも。久しぶりに読んだわこれ。いや忘れてたんだから当たり前なんだけど・・・;;
これからわちょくちょく更新したいと思ってます。これ言ったのも何回目だろ。
ではでは、失礼。
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

[共走バイク]

 移動する視界

 交差する光

 

 吹き付けた風

 耳元で悲鳴を上げた

 

 振り乱れる髪

 

 刻々と温度を変えて

 触れては離れる夜の送風

 

 赤い光に追われながらも

 

 止まらない背中

 その温かな背中が纏った冷たい衣服

 かさかさと、触れるたび鳴く

 

 

 

 幸せに、なりたいの

 

 

 

 悲願めいた欲望

 あまりにも浅く、薄く響く

 それでも

 

 あまりにも、欲しくって

 

 

幸せに、してやろう

嗚呼、そんな甘すぎる言葉に

惑わされてみたいと

願った私は、愚かだろうか

二人を追う赤

二人を襲う悲鳴

私を救う冷たい背中

いつまでも、こうしていたい

ありふれた二つの願いが、私を握り締めた

貴方はいつまで、私の願いを叶えてくれる?

ふと、襲う不安

突風と赤い光のさなか

背中の温度が声を張る

お前が望む、その最期まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

なんか・・・
酷く浅い詩になった気がする・・・私だけ?
まず言葉が浅い。物語が浅い。短い!
恥ずかしながら投稿させて頂きました(_ _)
ちょっと修正版とか作ろうかな・・・
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

仰ぎ見た世界

いつも、そばにいた

見えない時間なんて、なかった

私の世界(現実)を夢に変えた

幾億もの夢想たち

視界から消えることのないそのモノ達に

私はいつも愛され

そのモノ達を愛していた

広がっていく

幾層にも渡ること細かな夢想の調べ

私はいつもそのモノ達のことを考えて

そのモノ達はいつも私の思考を埋めていた

お母さん、今日はね

ミンナに虹のお花を貰ったんだよ

私も雲のクッションをプレゼントしたいな

私の為だけに創造されたモノ達

私の笑顔の為だけに

けれどもし

それら以外の手に依って、私に笑顔が齎されたら

その『モノ達』は、どうなってしまうのだろう

私が夢を必要としないとき

私が世界(現実)を愛したとき

その『モノ達』の存在の意味は――?

私が嘗て求めた夢想の行く末は――?

お母さん

友達に折鶴を貰ったんだよ

皆で千羽鶴を折るんだよ

やめて

やめて

やめて

私の夢を

私の世界(ゆめ)

消したくない―――

でも

そのモノ達本当に消すのは

世界(現実)を愛すこの私

お母さん

あのね

どっちか片方しか

持てない?

受け入れるには

あまりにも不安定で、不明瞭で

拒むには

あまりにも惜しくて、悲しくて

でもきっと、信じてる

私がまた、夢想の一つを求めたとき

そのモノ達はまたきっと

私の中に

生まれゆくから―――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

***************** 鈴猫コメント *****************

今回も結構長い詩になりました(^_^)
珍しく最後には希望のカケラがありましたね。あくまでもカケラですが(笑)
これは私の実体験をもとに書いたものです。だからちょっと長くなったのかも。
どこまでが実体験かはご想像にお任せします。
    
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

[自壊なき輪廻]

 歌声は

 私の中で鳴り響く

 

 孕まされた水音

 腹の底で堕ちるその音に、耳を塞ぐ

 

 

忘れたモノは、ありませんか―――?

甘く濁った肉の味

消し去りたい衝動と

放しがたい欲望と

忍び寄った黒の影

貴方はきっと、思い出す―――

白く澄んだ水の音

消し去った残像と

諦めかけた淡い残花と

現れた黒い残照

だから、さあ・・・こっちへおいで―――?

思い出したくない

振り返りたくない

その闇に、戻りたくない

腹で啼いた歌姫

掠れた喉を潤した羊水

妖艶な歌声

草を掴んだ腕

砂を噛む感触

嗚呼・・・拒むのですね―――

飲み下した水

腹の底でまた鳴り響く

衝動と

欲望と

黒の影

震えた喉

抗うことは、許されがたい

残像と

残花と

残照と

押し付けられた掌

肌に触れた鼓動と水音

其れ等を私の腹の中

孕み続けるくらいなら

私はいっそ、取り戻そう

その欲望も

その残像も

 

甘く濁った肉の味

押し寄せる血の中にあろうとも

私は歌を聞きたくない

砂を噛みながら水を孕むあの感触を

生まれ落ちたその子の顔も

見たくはない

依り滴った紅い味

嗚呼、今戻る

忌まわしき、救いの記憶

嗚呼、今消えていく

二度と思い出すことのない、私の残骸

血の味は

私の中で滴り落ちる

噛まされた肉片

腹を埋めていくその紅(あか)に、口を塞ぐ

忘れたモノは、ありませんか―――?

 

***************** 鈴猫コメント *****************

かなり長い詩になりましたね。

最初はそんな気なかったんですけど、語ってくうちにどんどん熱くなってしまいました(笑)

この詩を書いて、少し「妊娠」というテーマについて考えましたね。
意見を述べる場があったので、頭の中の整理がてら述べさせて頂きました。
「子どもを生むことについてどう思う?」
かなりざっくりした質問でしたが、結構答えやすかったです。
 

もしかしたら生んだ瞬間失ってしまうかもしれない。もしかしたら、上手く愛せないかもしれない。もしかしたら、どこか障害を持った子を産むかもしれない。ちゃんとした父親とも巡りあえないかもしれないし、ちゃんとした母親にもなれないかもしれない。

もしかしたら生んだ瞬間失ってしまうかもしれない。もしかしたら、上手く愛せないかもしれない。もしかしたら、どこか障害を持った子を産むかもしれない。ちゃんとした父親とも巡りあえないかもしれないし、ちゃんとした母親にもなれないかもしれない。
そこまでの覚悟や、責任とかいうものを、まだ持ちきる自信もないし、子孫を残したいとか言う気持ちも今はない。せっかく育んで、愛すのなら、精一杯望んで生んであげたい。
だから、今は子どもを生む気はない。でもこんな覚悟を持って生んでくれた両親には、とても感謝している。

これが私の意見・見解でした。中学生の頭の考えることなので、ちゃんとしてるのかしてないのかも分からないけど、もしこの意見についてもコメントしてもらえるのなら、お願いします(^_^)

長ったらしく失礼しました。   

では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧