« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

[傲慢な月夜]

 嗚呼、太陽が

 今私を望むなら

 焼け焦がれたこの胸に

 一滴の、涙を流そう

 

 

 

 星月が私を見て嘲笑(わら)った

 

 怖い暗さが、私を抱きしめた

 

 吹き付ける冷たい風が、絶えず私に話しかけた

 

とても孤独になんかなれない、寒い夜

 

 一人の私とたくさんの仲間

 駆け抜けた森の木が、体を熱くした

 

 太陽が私に微笑むことは、決してない

 

(どぶ)の中の果実

 砂の味のするやわらかな果実を

 乾ききった喉を傷つけ

噛まずに胃へと押し込んだ

 

 泥のついた硬い髪

 

 空をも飛べる夢の心地で

 私は自ら身を投げた

 

 広がる夜

 後ろを向いた朝

 鮮烈な恐怖

 舞い散った命

 

 

 蝋の羽さえ与えられずに

 地へ堕ちた翼のない天使

 

 

 

 嗚呼、夜が、暗闇が

 今私を望むなら

 還り咲いたこの体に

 

 せめてもの祈りを、捧げよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

今回はタイトルに手こずりました・・・
詩の中の一文を取り出してタイトルにするのもいいんですが、何か手抜きな気がして(・・;m)
時々やっちゃうんですけど、なるべく避けています。
 
枚方に行くことになりました。(住んでいるのは京都です)
一週間ほど友達の家にお泊りです^^
もちろん「ひらぱー」にも言ってきます。とっても楽しみです(≧▽≦)
   
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

「地獄の花園」

 甘い蜜

 それを求めて飛び交うは

 蜜蜂被った蝶々たち

 

 

 肌に滴るこの蜜は

 琥珀の色に苦さを纏い

 

 零れ滴り流れゆく

 

 

 慟哭する人魚たち

 涙の数だけ童話を作り

 

 悲しみの終わりは訪れず

 

 

 確固たる恐怖

 満たされない空腹

 

 痛みを

 餞別を

 修羅を

 

 踊る蝶の痛みは

 閉鎖する蜜蜂の空腹

 

 

 伝えたかった言葉

 用意された体

 

 呪詛のごとく研ぎ澄まされた

 愛しい言葉

 

 醜く成り果てもなお

 抱きしめたかった体

 

 四角く囲ったその心に

 

 ただ抱きしめるだけの温もりを

 

 痛みを

 餞別を

 修羅を

 

 

 伝えたかったわけじゃない

 

 

 

 甘い蜜

 それを求めて飛び交うは

 

 醜さ被った愛しいお前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

ひっさしぶりの更新です。
更新していないにもかかわらず、毎日誰か一人は覗いていって下さるのを有難く思いながら書かせて頂きました・・・
自分でもちょっとすっきりしました(^_^)
 
そういえば、今度私のお世話になっている、「アトリエ劇研」というところで、私の好きなダンスカンパニーさんが公園することになりました^^
急な話ですみませんが、ダンスに興味のある方、どうぞ見に来てください。
『Monochrome Circus』というダンスカンパニーです。ちょっとググって見て下さい^^
   
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

[愛乞いステップ]

 美しい人

 ステップ踏んで

 

 恋の味を囁きながら

 望みはなぁにと聞いてくる

 

 悲しい人

 血の涙で

 

 愛の哀しみ囁きながら

 命が惜しい?と聞いてくる

 

 古の時代から

 同じなのかしら

 愛の姿

 

 望む程に憎み勝って

 愛する程に殺意が満ちる

 

 変われない恋人たち

 

 

 叶わない恋なのよ

 いっそ壊してしまいなさいな

 

 痛みの中に満ちた愛しさ

 

 真の姿が愛ならば

 それが痛みでもかまわない

 

 引き寄せられた唇

 蹂躙される姫たちの心

 

 赤らめた頬

 貴方のために

 

 

 残った口紅が

 喜々を含んで、流れ落ちたなら

 

 美しい人

ステップ踏んで

 

悲しい人

血の涙で

今の私に応えてよ

いつか未来

もし恋人たちが変われたならば

美しい人

悲しい人

泣きながらステップ踏んで

昔の私をかえしてよ

 

 

 

***************** 鈴猫コメント *****************

最近思ったんですが・・・
やっぱりこういう詩をブログに載せていくというものにしてしまうと、毎日更新するのは難しいのでしょうか?
よくよく考えてやっと思いついた結果です。
だから時々しかブログが更新できないのは仕方ないんですよね。うんうん( ̄^ ̄#)
 
ちょっとずつしか更新出来ませんが、これからもよろしくお願いします(。_。)
   
では、またご意見&ご感想など、コメントお待ちしておりますcat

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »